ヒントとコツ

ESI製品に関する、様々な問題の解決方法を検索できます。ここにない製品の記事は、順次追加を予定しています。記事の概要はどなたでもご覧いただけますが、すべてのスクリーンショットを含む記事全文の閲覧およびコメントの入力は、ログインユーザー様に限ります。.

e-Café #1- Construire sa propre carte matière MMAT à l’aide de Visual-Crash PAM
Construire sa propre carte matière MMAT à l’aide de Visual-Crash PAM
Maximilien Jouy
Virtual Performance
5

『VPS2016にて廃止されるキーワード』
ESIでは、日々、ソルバーへ機能を追加し性能の向上を図っています。しかし、中には時代遅れとなったり、他と連携が難しくなったりする機能が出てくることがあります。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
28

『Sensorのオフセット機能(Load定義時)』
VPS2017に追加されたSensorの新機能について紹介します。Load定義の起動トリガーとしてSensorで設定した場合、VPS2017以前ではSensorが起動した時刻におけるLoadカーブの値が参照され、計算に適用されていました。VPS2017からはSensorが起動したタイミングをLoadカーブの時刻0とし、オフセットして計算を開始することが可能となりました
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
11

『DMP計算の領域分割方法』
DMP計算(Distributed Memory Parallel、分散メモリ並列計算)では、計算モデル(メッシュ)を指定した数に領域分割(Domain Decomposition)し、計算を行います。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
20

『Linuxのレベルについて』
VPS2016からLinuxバージョンの開発環境がRHEL5.2から6.7へ変更されています。インストールがお済みでないお客様は事前にOSレベルをご確認ください。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
13

『ソルバー同梱のサンプルモデルについて』
VP Solverには対象物をモデル化するのに便利な機能や設定が数多く用意されていますが、それぞれがどのように機能するか、リファレンスマニュアルの記述だけで把握するのは難しい場合ががあります。そのような時はソルバーに同梱されているサンプルモデルをご確認ください。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
14

『Selective output』
Selective outputは、評価プロセスに必要な結果だけを出力可能とする機能になります。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
10

『METRICファイルの記述内容について』
 昨年リリース致しましたVPS2017から、METRICファイルの記述内容に制限が設けられました。具体的には、METRICファイル内にMETRIC定義対象とするエンティティ以外の記述がある場合は定義エラーとして扱われます。METRICファイルの記述内容は、節点カードのみ、または、節点と要素カードのみとする必要がございますのでご注意ください。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
9

『Multi Stage計算
路面に自動車を置き(重力をかける)、それから走行させる(速度をあたえる)シミュレーションを行う事を考えます。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
33

『SENSORのタイムオフセット機能』
例えば、左下のようなVEL3Dをある節点に定義しSENSORにてある時刻(ここでは5msec)でアクティブとした場合、右下の赤線のような挙動を示します。
Abderrazak Mejdi
Virtual Performance
10